所沢市の介護はカイゴーにお任せ!

ごあいさつ

経営者ごあいさつ

カイゴーは、所沢で介護事業を開始して17年を迎えました。

2000年に始まった介護保険制度は、今大きなターニングポイント、歴史の分岐点に立たされています。地域包括ケア・地域共生社会という言葉は浸透していますが、実際の運用はどうでしょう。

必ずしも市民のニーズに合った福祉施策が万全に行われているとは限らないのが現状です。

 

カイゴーは営利法人ですが、大きな資本もない中、地域に根差して、「お客様の安心と満足のために」との理念の元、着実に事業を続けてまいりました。ひとえに、協力して下さった地域の皆様と社員の頑張りのおかげであると感謝しております。

しかし、介護保険事業に参入した大手の企業の中でも、経営に見切りをつけ撤退するところも少なくありません。

 

そうした状況を踏まえ、カイゴーは社内での議論を行い、自社の社会的役割を再考・再確認し、地域福祉の増進に寄与していく為の理念を制定するに至りました。

 

従業員も顧客も地域の方も、日本一の幸せを享受していく。その支えが当社でありたい。そして、社員皆がプロフェッショナルとして、業界に明るい話題、おもしろい風をもたらし、もってこの地域における共生社会の構築に貢献してまいりたい。

 

カイゴーはもうすぐ18才。人間でいえば高校三年生です。これからもフレッシュな気持ちを忘れずに、皆様の力を頂きながら地道に歩んでまいります。

 平成30年2月

有限会社カイゴー

代表取締役社長 小林健二

 

カイゴー中期経営計画

経営理念

~日本一(にっぽんいち)の幸せな会社を創ろう~

 

人は誰でも支えを必要としています。高齢者だけでなく、

その家族やご近所さん、友人や業者さん、介護にあたる私たちも。

カイゴーは、高齢者をはじめあらゆる人々の幸せの支えになりたいと考え、

新たな理念をもとに活動します。

 

経営姿勢

カイゴーは、皆の暮らしを護り、支えます。

カイゴーは、自他共栄の健全経営を行います。

カイゴーは、介護の業界をおもしろくします。

カイゴーは、その道のプロフェッショナルを目指します。

カイゴーは、互いに支えあう喜びあふれる街づくりに貢献します。

 

経営目標

2020年度までに、経常利益率2.8%、自己資本率20%を達成する。

2021年度までに、持続的発展の盤石なる体制基盤を構築する。

2023年度までに、地域課題に取り組める信頼と体力を確保する。

行動基準

専門職としての自覚と責任 実践力と巻き込む力

 

代表者略歴

昭和33年  8月 長崎県西彼杵郡大島町生

昭和52年  3月 長崎県立五島高等学校卒業

昭和62年  4月 痴呆性老人宅老所(デイサービスセンター)介護職として入職

平成  4年  4月  在宅介護支援センター管理者

平成  7年  7月  老人保健施設管理者

平成  8年  3月  所沢市高齢者サービス調整チーム委員委嘱

平成  9年  4月  介護事業開業支援コンサルタント

平成11年  4月  24時間対応ホームヘルプサービス事業管理者

平成13年  2月  有限会社カイゴー設立

平成13年  6月  所沢市高齢者保険福祉計画推進会議委員委嘱2期

平成14年  4月  特定非営利法人うえるかむ理事

趣味:野球・ゴルフ・プロレス、野球はトラ党です!

今年は強いぞ、タイガース!

特技:素潜り・将棋・本の早読み

★参考画像 猛虎