デイサービスって何?

デイサービスって何をしているの

★高齢者在宅支援の三本柱 と言われている中心的サービスは

  1. 訪問介護(自宅での介護)=ヘルパーさん
  2. 通所介護(日中の介護・活動)=デイサービス
  3. 短期入所生活介護(宿泊での介護)=ショートステイ

 

★デイサービスの目的

機能の維持向上リハビリ(体の活性化)

他者交流(心の活性化)

介護者の負担軽減(在宅継続支援)

健康チェック(健康管理)

 

つまりデイサービスは、

『元気を取り戻す場所』『元気で居続けるための場所』

デイサービスで受けられるサービスは

  1. 健康チェック(血圧、脈拍、体温、皮膚、顔色、浮腫み、摂食、排泄、動作や疾病等の連続的なチェック)
  2. 入浴の介助(状態に合わせて、着脱、洗身、塗薬)
  3. 排泄の介助(トイレ、ベッドでの着脱やオムツ交換、清拭)
  4. 食事の介助(準備、配膳、摂食介助、口腔ケア)
  5. 活動の支援(リハビリ、レクリエーション、歓談、外出、季節行事)

 

元気になるために大切なポイントは、ちゃんと食べ(飲み)、ちゃんと寝て、ちゃんと排泄する事、日常的に運動する事、疾病の状況に的確に手を打つこと

従って、デイサービスに通えば、上記ポイントを含むことになり、自然と元気になっていく!

 

デイサービスセンターみらいの 特徴

サービス提供時間 : (月)~(土) 9:20~16:30 (時間応相談) ※曜日ごとに利用

利用定員: 15名/日

現在の登録ご利用者様:32名

職員保有資格:介護福祉士7名、ヘルパー2級5名、看護師1名、保育士1名、社会福祉主事1名

職員配置:(営業日ごとに)生活相談員1名、介護士3名~5名、看護師1名(委託含む)

料金:要介護1で入浴あり=8,384円/回

※自己負担は838円か1,676円(1割乃至2割負担)

実費:食事代600円/回 日用品費100円/回

=要介護1で、1割負担の場合、週に3回利用すれば、総支払額は20,000円程度

みらい理念

想い

共に

想いに寄り添い 共に泣き 共に励まし 共に笑い合う 

この地域で その人らしい 生き方を

ご利用者様やご家族をはじめ、すべての人々と共にすべての人の為に、

「みらい」はそれぞれの思いに寄り添い、その人らしい生き方を共に見出したい。

共に励まし、共に笑い合っていたい。と考えています。

事例1

脳出血後遺症により、一時寝たきりに。その後車椅子生活からのリハビリを目的に利用開始された女性Aさん。

元来の性格と、脳の損傷からの感情のムラにより不安感、自信喪失が強くあった。「自分の楽しい人生は終わった。自分にはもう何もできない」とリハビリへの意欲にも波があったが、スタッフ間で意志を合わせ、意欲と自信を引き出す声かけに努めた。Aさんはできない事が増えたもどかしさなどから、時に涙されながらもスタッフや他のご利用者の励ましを受ける事で意欲を継続した。やがて杖で歩けるようになり、杖さえも不要に。その後は、洗濯物を干す事が出来るまでになり、夫と、たまに来る娘や孫との暮らしを継続している。

 

これからの有限会社カイゴー デイサービスセンターみらい

より地域に根ざした会社、デイサービスを目指して地域の皆さまと共に歩んでいきたいと考えています。

介護が必要になった方を支える事はもちろん、「要介護になりにくい小手指町」の為に、介護の専門家集団として働いていきます。例えば

  1. 声かけ活動 認知症をお持ちで、一人で外出される心配な方への声かけ
  2. 介護勉強会 認知症勉強会
  3. AEDや備品の提供
  4. ボランティアさんの活躍の場
  5. 多世代交流の場
  6. 介護についての相談

などなどニーズに応じて、共に取り組んでいきたいと考えています。

 

「みらいの志」

2016年 国連設立70年の基本理念

no one will be left behind『誰も置き去りにしない』

ご利用者様やご家族、お隣さん、友人知人、業者さん、全ての人々の笑顔や安心に貢献できることを、スタッフ皆の喜び、生きがいとして、共どもに人生の充実のために活動してまいります。